テププオリ・テマハナオテラ
(Te Pupu 'Ori Te Mahanaotera)

★ オリ・タヒチ(Ori Tahiti) タヒチの民族舞踊(タヒチアンアンダンス)を学びます。
1971年、主宰のクウレイナニ橋本がIlima Hula Studioでオリタヒチの修業を開始。
1973年、タヒチへ単身渡り本場のタヒチアンダンスを学ぶ。 
1996年、タヒチの伝統流派Erena Mapuhiの後継者:Rose Perreiraを当校顧問教師に迎え本格タヒチアンダンスを基礎 から丁寧に教えます。
1997年からサンホゼ タヒチ フェテやホノルルのタヒチヌイ・ヘイヴァに連続出場し、2009年に本場タヒチで日本人初のタヒチアンダンスをTo’ataステージで披露し、日本やハワイのコンクールに出場し続けています。

タヒチアンダンスとは

タヒチアンダンスとは ‘Ori Tahiti オリタヒチ(タヒチアンダンス)とはオリタヒチは南太平洋の楽園、フレンチポリネシア・タヒチ諸島に伝わる民族舞踊、「‘Ori 」は、「踊り」という意味のタヒチ語です。 「‘Ote‘a オテア」:パーカッションやドラムビートのリズムだけで腰を激しく動かす踊りです。男性は足、女性は腰の動きが主体の激しく速い動きの踊りです。 「‘Aparima アパリマ」:「アパ」は身ぶり、手振り、「リマ」は手という意味で、歌詩に合わせて物語を手の動きとステップで表現する踊りです。 又、ロングドレスを着て踊るアフロアと美しいドレスで踊るアフプロツはフラスタイルとも云われて比較的ゆったりした踊りです。「’Ahuアフ」は洋服、ドレス、「roaロア」は長い、「purotuプロツ」は美しいという意味で、アパリマも含めて近年は Mehura メフラと呼ばれるようになりました。他に、Hivinauヒビナウ、Pa‘o‘aパオアなどのバリエーションもあります。 
タヒチアンダンスの歴史。昔はアリオイと呼ばれる旅芸人が、タヒチ諸島の豊穣を感謝したり、戦いの神 ‘Oroオロに祈る神前で踊ったりしたと云われています。また、祭りなどの娯楽として、あるいは男が戦いに行く時に女性が鼓舞して踊るという習慣もあり、ダンスは日常の生活の中に根付いていました。 19世紀に入って、キリスト教宣教師たちが官能的なダンスを禁じ、それ以降、約60年間公共の場でダンスは踊られなくなりました。1895年、フランス革命記念祭で「‘Ori ra‘a Tahiti オリラア・タヒチ」という名称で、タヒチアンダンスのイベントが開催され、1950年代には幾つかのダンスグループが誕生し、ダンスコンクールが盛んになりました。そして‘Ori Tahitiは毎年7月に開催されているタヒチ諸島最大のお祭り「チューライ祭」の主役となりました。1984年、フレンチポリネシアで自治統治が始まり、このお祭りは「Heiva I Tahiti ヘイヴァ・イ・タヒチ」と名称が改められ、タヒチアンダンスの本格的な復興に寄与し、世界中から観客が集まる大きな祭りになっています。

タヒチアンクラスのお申し込み・お問合せ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
タヒチアンクラス

タヒチアンダンス1年以上の経験者クラスです。
オテア超入門(2ヶ月コース)

初心者から経験1年未満の方対象クラスです。 9.10月新入生だけの2ヶ月レッスンです。
お問合せ内容